しゃちくのあんどぅがしょうぶをしかけてきた!

ブラック勤務歴3年の20代が日々のニュース・趣味を呟く雑記

経験値0でフリーランスになった元デザイナーモドキが仕事を取るためにクラウドソーシングを利用する話

こんにちは。当ブログの読者にリアルで偶然出会って、そのままネトゲのネカマトークとか訳の分からない事になったあんどぅです。

今回は私がデザインのスキルを使ってフリーランスとして生きて行くためにクラウドソーシングを利用した話をしようと思います。

 

クラウドソーシングとは?

f:id:anndousan:20160831195256j:plain

不特定多数の人に外注し、必要なアイデアコンテンツを貰うプロセスの事。

簡単に言うとインターネット上で仕事の受注から納品までを行うサービスの事。

正直フリーランスになると言っても前の職場のお得意様とか全然居ないし、営業をした事が全くない人間がいきなり自分で営業に行き仕事を取るのはハードルが高すぎる・・・

そんな人達の為が食い繋ぐ為にとりあえず登録しとけっ!と言うサービスです。

 

 

オススメのクラウドソーシング

Lancers

クラウドソーシング「ランサーズ」

業界最大手で仕事量はここが一番多いです。 クラウドソーシングの先駆け的存在で気持ち大手のクライアントが多めなので安心の案件が豊富に揃っています。とりあえず登録するにはもってこいのクラウドソーシングです。

 

 Crowd Works

 ランサーズと肩を並べるクラウドソーシングサイトで規模はランサーズとほぼ同じ。クライアントはランサーズに比べると中小企業が多いが、その分運営側との距離が近く上に登りやすい。プロクラウドワーカーになると様々な特典が貰え、筆者の知り合いにこのサイトで新卒フリーランスになってから半年で月収100万になった猛者も居てかなりオススメ。

??????

僕にクラウドソーシングを教えてくれた人が、穴場だと日頃口を酸っぱくしている項目。一見参入ハードルが高い為競合が少なくかなり美味しいとの事なので詳しい説明は出来ません。ヒントは「最低限のwebのスキルがあればいける」

 

デザインオンリーでは厳しい

実際に僕がクラウドソーシングサービスを利用して感じた感想は、デザインオンリーでは食べて行く事は難しそうです。競合相手が●●デザイン事務所など本業のプロフェッショナルが10人位一つの案件で争っている世界なので少しかじった程度では置いて行かれる印象です。

元々主婦や時間の余った人達が自分の能力を売る為のサービスなのでデザインでクラウドワークスオンリーで食べて行くには相当の経験値が必要でしょう。

ですがそんな世界でも案件を勝ち取る方法があります。それは「早めに提案する」その一点です。どんなに凄腕のデザイナーが後から応募してきても、既に最初の一人で進める事を考えた後だったらわざわざ面倒な事をせずそのまま進めます。そこを突いて早めの提案を心がけるとより案件を獲得出来るでしょう。

そして最後にデザインよりも、「ライティング」と言う文章を書く仕事がクラウドソーシングではかなり溢れかえっています。なので最初は「ライティング」をしながら「デザイン」の仕事を取るのが現実的な方法なので、無理にデザイン一本で!とか拘らずに自分のスキルを伸ばすことを最初は意識しましょう。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】